トラリピ

【FXトラリピ】設定前は必ず運用試算表でリスク管理を徹底!

トラリピを設定するにあって、まずは過去のチャートなどから設定したい通貨ペア、設定するレンジ、レンジ内に仕掛ける本数、ロスカットレートを決めます。

この場合必要な運用資金はどれくらいなのでしょうか?

手動で計算するには時間がかかりすぎます。

トラリピでは「運用試算表」という便利なツールが提供されています。

「運用試算表」を使うことで、誰でも簡単にトラリピ設定時のリスク管理ができます。

トラリピ設定を行う前に必ず「運用試算表を使ってリスク管理を徹底しましょう!

 

運用試算表の目的

運用試算表は、運用金額に対してトラリピを設定するレンジ、レンジ内に設定したい本数、通貨量ではどの為替レートでロスカットになるかを把握するために用います。

そして、決めていたロスカットレートにするために、運用金額、設定レンジ、レンジ内に仕掛ける本数、通貨量を調整していきます。

 

運用試算表の使い方

それでは、運用資産表の使い方を説明しますね。

運表試算表は、マネースクエア社のホームページからマイページへログインすることで利用可能です。

また、トレード画面からも利用可能です(マネースクエア社のFX個人口座開設が必要)。

 

マイページから利用

 

トレード画面から利用

 

運用資産表の設定項目

運表試算表で設定する項目は以下です。

 

 

① 運用する通貨ペアは「対円用」か、「対ドル用」かを選択

② イフダン注文はは「買い」(ロング)か、「売り」(ショート)かを選択

③ 運用する通貨ペアを選択

選択可能な通貨ペアは以下の通りです。

「対円用」

米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ニュージーランドドル/円、カナダドル/円、英ポンド/円、トルコリラ/円、南アランド/円、メキシコペソ/円

「対ドル用」

ユーロ/米ドル、豪ドル/米ドル、豪ドル/ニュージーランドドル、ニュージーランドドル/米ドル、英ポンド/米ドル

 

④ 運用予定額を日本円で入力

⑤ 仕掛けるレンジを入力

⑥ レンジ内に仕掛ける本数を入力

⑦ 1本あたりの通貨数を入力

⑧ 1回のリピートで狙う利益を入力

1回のリピートで狙う利益(⑧)で入力した金額は、新規注文と決済注文との差額になります。

ここで、1本あたりの通貨数(⑦)と関係性を買い(ロング)設定の場合を例に説明します。

1本あたりの通貨数(⑦)が1,000通貨、1回のリピートで狙う利益(⑧)を500円とした場合、通貨レートが0.5円上がった所で決済されます。

500円÷1,000通貨=0.5円

0.5円ではなく1.0円上がった所で決済したい場合、1回のリピートで狙う利益(⑧)を1,000円とします。

1,000円÷1,000通貨=1.0円

視点を変えて、1.0円上がった時にもっと利益を獲得したい(1,000じゃなく2,000円)場合、通貨数(⑦)を2,000通貨とします。

2,000円÷2,000通貨=1.0円

 

⑨ ストップロスを設定

ロスカットよりもっと早い段階で損切りする場合は、レートを入力します。

 

⑩ 必要な項目を入力後、計算スタートボタンを押下

 

ロスカットレートの計算結果

運表試算表へ必要項目を入力した後、実施に計算スタートボタンを押下します。

結果はすぐ表示されます。

例えば以下の設定を行った場合の結果を表示してみます。

通貨ペア 加ドル円
運用予定額 500,000円
仕掛けるレンジ 78円~88円
レンジ内に仕掛ける本数 50本
1本あたりの通貨数 1,000通貨
1回のリピートで狙う利益 700円
ストップロス 設定しない

 

 

トラリピ設定項目の調整

計算結果より、ロスカットレートは76.040円であることが分かります。

ここで、ロスカットレートをもっと下げたい(例えば68円以下)といった場合は以下の調整が必要になります。

  • 運用予定額を増やす
  • レンジ内に仕掛ける本数を減らす
  • 1本あたりの通貨数を減らす ※通貨数の最小単位は0.1万通貨

それでは、ロスカットレートを68円以下にするため、実際にトラリピ設定を調整してみます。

運用予定額を増やす

運用資金に余裕がある場合は、運用予定額を増やしてロスカットレートを下げた例です。

ロスカットレートを76円から68円以下に下げるためには、運用額を50万円から89万円に増やす必要があることがわかりますね。

仕掛ける本数を減らす

次に運用資金に余裕がない場合、レンジ内に仕掛ける本数を減らすことで、ロスカットレートを下げた例です。

ロスカットレートを76円から68円以下に下げるためには、レンジ内に仕掛ける本数を50本から28本以下に減らす必要があることがわかりますね。

通貨数を減らす

上記の他にも1本あたりの通貨数を減らすことでロスカットレートを調整できます。

通貨数の最小単位は0.1万通貨のため、今回の例からは割愛します。

 

まとめ

  • 運用試算表はトラリピを設定する上で、リスク(資金)管理を行うために非常に重要なツールです。
  • 決めたロスカットレートを確保するために、必要な運用予定額、レンジ内に仕掛ける本数、1本あたりの通貨数を簡単に調整することができます。
  • 運用試算表はマネースクエアへログイン後マイページ、またはトレード画面より利用することができます(マネースクエア社のFX口座開設が必要)。

 

口座開設はこちらから マネースクエア

 

【FXトラリピ】って? 為替差益を自動的でコツコツ利益に!FX(外国為替証拠金取引)を始めたいけどリスクがあって怖いなと思っている方に、比較的低リスクで、しかもほおっておきで利益をコツコツ獲得で...

 

ABOUT ME
べっくん
べっくん
AIクリエーター兼エンジニアです。 投資歴は10年ほど。 コツコツとゆる~く、そして楽しく資産運用をしています。 たまにリスクをとって失敗することも・・・。 でもそこは次にうまくやるための経験と勉強です。 投資に関してはまだまだ素人なので試行錯誤中といったところです。 そんな中ではありますが独自の視点の分析や気付き、また失敗から学んだことなどを発信していけたらと思っています。 これから資産運用を始めたい人に向けて、何に投資すればよいの? 投資ってリスクあって怖いな ってことに対して少しでもお役に立てたら嬉しいです。 その他にもお得なこと、便利なこと、好きな音源なども紹介していきたいと思います。
関連記事